オーデマ・ピゲ ロイヤルオークの魅力

世界には、3大雲上ブランドと呼ばれる高級腕時計メーカーがあります。その3つとは、バティック・フィリップ、ヴァシュロン・コンスタンティン、オーデマ・ピゲです。これら3つのブランドは、創業が古く歴史があるだけでなく、優れた技術を開発してきたことやその時々の権力者や有名人に愛された時計を生み出してきたという側面があります。今でもこれら3大雲上ブランドの腕時計を持つ人は、ステータスの高い人や金額に左右されず優れたものを求める人というイメージがあります。

 

その中でもオーデマ・ピゲのロイヤルオークは、その特徴的なペゼルの形状や洗練されたデザインで人気のある時計です。今は亡きジェラルド・ジェンダ氏がデザインしたオーデマ・ピゲのロイヤルオークは、ジェラルド・ジェンダ氏がデザインした腕時計の中でも最高傑作といわれるものです。さまざまな異なる面と角度のステンレスを磨き上げることによって、色々な方向からの光の反射をもたらすことにより、浮き上がるような輝きをみせてくれるロイヤルオークは、デザインの秀逸さと職人の磨き技術が融合した逸品といえると思います。