自動巻きのタグ・ホイヤーという選択

高級時計といえば、ロレックスなどに代表されるように機械式というのが、当たり前になっています。タグ・ホイヤーは、機械式とクオーツの両方のムーブメントを時計によって使い分ける、高級時計メーカーとしては珍しい会社です。タグ・ホイヤーは、高級時計の側面がありますが、その歴史は、スポーツウォッチと共に歩んできました。1920年のアントワープ・オリンピックの公式時計に選ばれたことから始まり、タグ・ホイヤー・マキシ・ヨット・ワールドカップも1990年に開催するまでになっています。タグ・ホイヤーが、高級時計メーカーでありながら、機械式とクオーツの両方のムーブメントを持っている答えがここにあると思います。つまり、伝統的、機械式時計よりクオーツのほうが制度が高く、コンマ何秒を正確に計測することを要求されるスポーツウォッチにおいてクオーツムーブメントを持つのはタグ・ホイヤーにとっては当然の答えだったのだといえます。

では、スポーツウォッチと共に成長してきたタグ・ホイヤーが機械式時計を持つのは意味があるのでしょうか。

高級時計がなぜ伝統的な機械式時計なのか。クオーツ時計が、電気を回路に流して時を刻むのと違って、機械式時計は、ゼンマイを動力源としています。クオーツ時計の回路は正確に時間を刻むのには適していますが、その電気回路には寿命があり、一般的には10年程度で使えなくなると言われています。これに対して、機械式時計は約3年ごとのオーバーホールが必要になりますが、適正にメンテナンスしていれば、何十年と寿命を延ばすことが可能です。つまり、愛用の時計を自分の息子に、または孫に譲るようなことも可能になります。このように機械式時計には、ただの一本の消耗品の時計というよりも、その一本の時計は、思い出の詰まったロマンといった方が的確でしょう。

このようにタグ・ホイヤーという時計メーカーは、スポーツウォッチと高級時計を両立している世界でも稀有な時計メーカーだといえます。

PR|お家の見直ししま専科貯蓄四季の童話集カラスの童話SEOアクセスアップ相互リンク集優良サイト順お小遣いNET童話健康マニアによる無病ライフ英語上達の秘訣生命保険の選び方内職 アルバイト家計見直しクラブJALカード